平成武士道とは総長 佐竹雅昭活動内容武師道議事録お問い合わせ

HOME 活動内容
武師道議事録
人材育成・企業研修
Photos
 
変化の時代においても、己を真摯に貫ける<人材>が求められています
現代人が取り戻さなければならないのは、やはりなにをおいても礼節と思いやり、そしてそれらを真摯に貫いていける誠、信用です。
この心を体の芯に据え、人の喜びを我が喜びに変えていける器の大きな人材を育てていくことが、日本全体の急務であり、今後の企業の役割といえるかもしれません。指導的立場にいる経営者の皆さんには、元来ノーブレス・オブリージュ(社会的地位に立っているものの義務)が課せられているのです。

本当に求められる企業とは? 今後のあり方とは? その指針を導くプロセスとして平成武師道への参画をご検討ください。武士道を通じて精神を鍛え上げることで、激しい変化を続ける社会や経済システムの中にあっても自分を見失うことなく、つねに柔軟な思考で対応をはかりながら、目標の達成に向かって歩き続けることができる、創造的かつ真摯な人間力を養います。

これからの企業にとって不可欠な資産となる、人材を越えた“人財”の育成に努めます。
団体研修を通じて、社員の皆様に広く浸透
平成武師道では、会員もしくは当会の趣旨をご理解いただきました経営者の皆様に代わりまして、社員の皆様にその心を伝え、行動の指標としていただくための団体研修を承っています。

知識を詰め込むのではなく、肉体や知性を通り越して心へと直接的に訴えかける研修、一人ひとりのDNAに眠っている礼節の心を呼び覚まし、意識下に顕在させるための展開を重要視しています。

今の日本はまさに、延々と暗闇の続く一本道。闇に押しつぶされることなく、いつかこの道を通り抜け、明るく安心のできる場所へとたどり着くには、つねに自分自身を奮い立たせておく必要があります。企業の掲げる信念の導くまま、協調しあい、活路を開き、前に向かって歩み続ける組織づくりに貢献します。人が変われば会社が変わり、会社が変われば、やがて社会全体が変わっていきます。

未来を見据えた人材育成こそ、平成武師道の真骨頂。私たちにおまかせください。

人の事よりもまず、己の心を鍛え、打ち克つ、すなわち克己心が何より大切なのです。
 
このページの先頭に戻る