平成武士道とは総長 佐竹雅昭活動内容武師道議事録お問い合わせ

HOME 平成武師道とは 本部事務局
武師道議事録
ご挨拶

人材育成
広報・メディア
京都平成武師道百師会
 
平成武師道に関すること、企業研修、講演に関するご依頼はこちらからお問い合わせください。

平成武師道シンボルマークについて

佐竹雅昭(総長)が自ら考案したマーク。四角は京を表わし、中心の黄色は己、四方はそれぞれの方角を守護していると言われている幻獣を表す。黒が玄武(北)、赤が朱雀(南)、青が青龍(東)、白が白虎(西)を意味する。そして己(中心)から発する矢印は思考と行動を表し、京から地球、宇宙(円)に向かって日本の気づきの精神文化、平成武師道を発展していこうと願いを込めたマークである。

※玄武・・・ガメラ(亀と蛇)、朱雀・・・フェニックス(不死鳥)、青龍・・・ドラゴン(龍)、白虎・・・タイガー(虎)

このページの先頭に戻る